不足している理由

Javaエンジニアの平均年収は、450万円程度です。最も多いのが400万円台で、その次に多いのが300万円台です。
その後は500万円台、700万円台となっていきますが、その年収を得ている人の数は少ないようです。
1000万円以上の年収を獲得することは難しいかもしれませんが、今の時代は500万円以上も貰えれば高給取りだといえますから、JavaエンジニアはIT業界でも比較的実入りが期待できる職業だといえます。
Javaは比較的初歩的なプログラミング言語だと考えられていますが、深い知識さえあればかなり高い年収を確保できる可能性が高いです。

また、Javaエンジニアは業界全体でかなり不足しているといわれています。
不足しているが故に仕事が探しやすいという点もメリットになるでしょう。
簡単な仕事なら自宅で作業ができるものもあり、初歩的なプログラミング言語であるために初心者向けの案件も多数見つけられます。
フリーランスのエンジニアとして自分の生活の合わせて自由に仕事をするというスタイルも選択できる点に良さがあります。

Javaを操るエンジニアの数は、常に不足しているのが現状です。
増大する需要の高さに、人材育成が追いついていないのが大きな理由です。
専門学校を卒業する生徒やJavaを習得する人の数は少なくはありませんが、それ以上のスピードで日本のIT業界は高速に発展を続けているわけです。