Javaエンジニアの不足が叫ばれるようになったのは、スマートフォンの爆発的な普及でWebアプリケーションやアプリ開発の仕事の案件が急激に増加し、開発言語としてのJavaに精通したエンジニアが必要とされるようになったことがきっかけです。
しかし、その必要とされる人材は現場によって二手に分かれます。
それは技術力や知識だけでなくクライアントとの折衝や仕事の進捗状況やチームメンバーの管理などが行えるプロジェクトマネージャーや上級システムエンジニアが求められる場合と、いわゆる孫請けなどで酷使されがちな一般エンジニアが求められる場合です。

そのような関係から現場では大きく二つの負担が発生しています。
まず一つ目としては、下請けや孫請けなどの開発現場ではJavaエンジニアの人員不足によってチームメンバーひとりひとりの負担が増加傾向にあることです。
また人員を補充する為に、新たに未経験者にJavaの教育を行ったり、フリーエンジニアを雇うなどして供給不足をカバーしようと躍起になっています。
さらに二つ目の負担としては、元請けにもプロジェクトマネージャーなどのエキスパートなJavaエンジニアが足りないことが挙げられます。
その関係から仕事の進捗状況やプロジェクト管理の部分などで元請けと下請けとの間でコミュニケーションが取れなくなり、プロジェクトが長い間進まないなどのトラブルが発生しています。

解決策としては、やはりエンジニアの待遇を改善することでしょう。
国内でよく見られる現象ですが、経営者や営業担当よりも評価の得にくいエンジニアの状況を戦略的に良くしていくことが肝要です。
他には、就業を考える側に向けてJavaエンジニアになる良さを伝えることも重要と言えます。
高い需要があるということは仕事に就きやすいとも考えられ、その需要が将来的に続くとすれば、収入にも影響してくることが予想されます。
そんな狙い目とも言えるJavaエンジニアを目指すために役立つ情報は、こちらのサイトがわかりやすくまとめられているので、興味を持ったなら一読してみてください。